ダイレクト型自動車保険ってどうなの!契約のメリットとデメリットについて紹介します

総合的に判断!保険は契約内容以外の部分にも注目

事故の際に頼りになる自動車保険。最近ではネットから手軽に加入できるダイレクト型保険を選ぶ人も多くなってきました。このダイレクト型自動車保険の魅力は自分にあった補償が選べる点です。時間の制約もなく、好きなタイミングで保険に加入できるのも大きな魅力となっています。ただ、便利なダイレクト型保険ではありますが、加入前にはメリット・デメリットを良く見極めて利用することも大切です。頼みの綱となる大切な契約なので、契約内容には反映されない目には見えないサービスといった部分にも着目して選ぶようにしましょう。

要チェック!ダイレクト型を判断する基本的なポイント

#ダイレクト型を選ぶメリット
ダイレクト型自動車保険のメリットは保険料の安さです。代理店型と同じプランで比較する場合、通販型のコストパフォーマンスの良さは非常に際立っています。また、補償内容も充実しており、契約内容に従いロードサービスが無料で使えるほか、オプションで自転車保険も追加することができるなど、契約プランにスキがないのも大きな特徴です。年間の契約料やプラン内容を重視して保険を選ぶのであれば、ダイレクト型は優れた保険だといえます。

#ダイレクト型のデメリット
ダイレクト型自動車保険には思わぬデメリットもあります。それが事故発生時の対応です。代理店型は専任スタッフによる高い事故対応能力を有していますが、ダイレクト型は必ずしも高いとは言えないのが実情です。事故時の対応が不満で、ダイレクト型から代理店型の保険契約に戻したという話もよく耳にします。事故発生時の対応は契約プランからは見えてこない部分です。自動車保険は、こういったサービス部分にも注目して選ぶようにしましょう。

自動車保険に入っていれば、対人や対物だけではなくて自損事故の補償もしてもらえます。車が壊れても修理費を出してもらえます。